絵描きゴトキャンプゴト。

スズキサトルのイラストやアウトドア活動を紹介していくブログ。

Nature Stove

皆さんまいどですー!
焚き火が気持ちいい季節になってきましたで~。

先日、新潟県の燕市にあるユニフレームさんに修理に出してた
ネイチャーストーブが今日戻ってきました~。さすが仕事が早いわ~。
使用とともに蝶番の溶接が剥がれてパネルが外れてしまいました。
故障の原因は多分僕の使い過ぎ~(笑)!

ちなみに新潟県の燕市・三条市は世界的にもステンレスの加工で有名で
日本を代表するアウトトドアメーカーが集中しています。
ユニフレーム
スノーピーク
キャプテンスタッグ
モチヅキ(MSR日本代理店)

やっぱり製品を加工できる職人さんがすぐ近くに居るって重要ですわ。

n_stove_01.jpg
UNIFLAME ネイチャーストーブ(L)
発売してから随分経つけど、耐久性・コンパクトさと使いやすさで
僕はいつもキャンプには持っていってます。
Lやったら太い薪も縦にすれば結構大きいやつでも入るし、焚き火をしながら
炭を放り込めばあっという間に炭も熾せるし、使いこなせたらかなり便利。

ただ、芝生とか草地の地面ではそのまま使うと火のインパクトがあるので、
ストーブの下にステンレスプレートか耐熱シートを敷いてや~。


n_stove_02.jpg
古かった金具も新品になってアルゴン溶接にて完璧修理!
10ヶ所溶接で前より耐久性がアップしたんちゃうかな。
片方やと部品代修理賃込みで300円。
僕の場合両方やったんで600円かな。


n_stove_03.jpg
仕事が丁寧や~。修理費用も電話で連絡してくれるし、
ユーザーからしてみたらこういうアフターケアーも大事な要素やね。

今は国内、海外のWood Stove系も含め色んなタイプの焚き火台が
沢山発売されてるけど、僕が個人的に思うに素材や形状やオプションなんかの
ギミックがちょっと大袈裟過ぎになってへんかな~。
それも1つの道具の楽しみやけど、
もっと直火に近いシンプルな焚火台ってあらへんかな~?

ほなほな~!

« めっちゃ気になる海外の焚火台。|Top|台湾の美術雑誌「dpi magazine」 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sotoekaki.blog133.fc2.com/tb.php/59-cda31aed

Top

HOME

SUZUKI SATORU        スズキサトル

Author:SUZUKI SATORU        スズキサトル
かれこれ20年以上イラストレーターをしております。日本ではまだ馴染みの少ないブッシュクラフトワークを中心としたキャンプスタイルを絵本やイラストとともに提案しております。

『イタリア・ボローニャ
国際絵本原画展』
ノンフィクション部門
2011・2012・2013年度入選

日本理科美術協会会員

お仕事のご依頼、ご意見・ご質問等ございましたらお気軽にどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文: