絵描きゴトキャンプゴト。

スズキサトルのイラストやアウトドア活動を紹介していくブログ。

ESEE CANDIRU Review

皆さんまいどです〜大変無沙汰しておりました〜^^;

と、いうのも実は今月に念願やった長野の松本市のほうへ移住しまして
その引越準備とかでバタバタしておりました〜。
長野の生活の近況も後々、アップして行きたいと思います^^


今回、ボクがお薦めなのがアメリカのガチサバイバルトレーニングスクール
ESEEから出しているこの小型ナイフです。
もちろん、ボクも実際に使用してみたし、ホンマもんのところが作ってはるので
切れ味とか耐久性とかそうゆうものはお墨付きです。

ESEE_CANDIRU_s00.jpg
ESEE CANDIRU(エシー・カンディル)
http://www.eseeknives.com/candiru.htm

Knife Type: Fixed Blade
Blade Type: Drop Point
Blade Thickness: 1/8"
Tang: Full
Total Length: 5 1/8"
Blade Length: 2" Cutting Edge
Weight: 1.7 OZ
Blade-Steel: 1095 Carbon Steel
Rockwell Hardness: 57HRC

Made in USA


ESEE_CANDIRU_s01.jpg
シースは厚手のナイロン+カイデックス製。
濡れたり汚れたりとラフに扱うのを前提にした実用ナイフ。

ESEE_CANDIRU_s02.jpg
サイドにベルトループがあるので腰に掛けたりも可能。

ESEE_CANDIRU_s03.jpg
でもボクはシースに革紐を付けてネックナイフにして使ってます。
これやとパっと取り出せてサっと扱いやすい。

ESEE_CANDIRU_s04.jpg
こんな感じに収納されています。
ナイフは中のカイデックスシースにしっかりとホールドされていて
強く振っても落ちることはありません。

ESEE_CANDIRU_s08.jpg
ESEEのナイフの中では一番小さいサイズなので手の平に収まるほどの大きさ。
実寸は13cmでブレードは5cm、厚さは3mmといったところ。

う〜ん、この形はクサビ的な扱いも出来るように考えてデザインされていると思う。
木に叩き付けて中に入って割るような感じやね。

ESEE_CANDIRU_s07.jpg
ボクはESEEのドクロマークよりこっちの可愛いお魚マークが好きです。
でも、実際に南米に棲息しているこの小さなカンディルというナマズは
全然可愛くないんやな〜興味ある人は調べてみて^^;

ESEE_CANDIRU_s06.jpg
鋼材の1095鋼は研ぎ易いのでボクとっても好きです。
パウダーコートされていない刃の部分は手入れをしないと錆やすいです。
でも研ぐの好きな人には関係ないね♪

ESEE_CANDIRU_s05.jpg
ここまでお薦めしていて皆さんには大変申し訳ないのやけど
まだ日本にはESEEの代理店がないのが辛い所。。。^^;

ほなほな〜!

« 丸山珈琲 MARUYAMA COFFEE|Top|BOLOGNA CHILDREN'S BOOK FAIR 2013 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

SUZUKI SATORU        スズキサトル

Author:SUZUKI SATORU        スズキサトル
かれこれ20年以上イラストレーターをしております。日本ではまだ馴染みの少ないブッシュクラフトワークを中心としたキャンプスタイルを絵本やイラストとともに提案しております。

『イタリア・ボローニャ
国際絵本原画展』
ノンフィクション部門
2011・2012・2013年度入選

日本理科美術協会会員

お仕事のご依頼、ご意見・ご質問等ございましたらお気軽にどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文: