絵描きゴトキャンプゴト。

スズキサトルのイラストやアウトドア活動を紹介していくブログ。

SeamGripとSilNet

皆さんまいどです〜^^

今回はウチのファミリーテントの紹介です^^


Exped Andromeda II Extreme Plus
(エクスペッド/アンドロメダ2 エクストリーム プラス)

Capacity: 2 adults
Weight:
Minimum: 3.55 kg
Packaged: 3.95 kg
Floor: 31.2 ft2 / 2.9 m2
Vestibule: 33.1 ft2 / 3.08 m2
Rainfly: PU coated ripstop polyester; Canopy: Ripstop polyester with No-See-Um Mesh;
Floor: PU-coated taffeta nylon (10000 mm water column);
Poles: DAC Featherlite NSL 9 mm TH72M aircraft grade aluminium
Packed size: 16x8’’ / 42x20 cm
Setup time: 3.5 minutes


Exped
http://www.exped.com/exped/web/exped_homepage_na.nsf


本来は2人用ですが、前室がかなり広く3人+ギアまでいけます。
設営は3本のポールをテントのスリーブに通して
ペグを4隅に打って立ち上げれば3分くらい。
この辺はHILLEBERGのナロのGTとかと一緒なんとちゃうかな。

大きな特徴として従来のAndromeda IIとExtreme Plusとの違いは
専用のフットプリントが前室も含めたフロア面積全体を覆う
巨大なバスタブ構造になっています。
おかげで雪や雨や風や這う虫の侵入をシャットアウト。
中のインナーを外せばシングルウォールのテントにもなるから
冬やったらフライとフットプリントのこっちのほうが使いやすいかもね。
なので重量は最近の軽量テントの中では重いほうです。
他にも面白い張り方ができるんやけどそれはまた次回に〜。


exped_a2ep_s_03.jpg
でもええ事ばかりやなくて実は前回のキャンプでコイツでテント泊をしたんやけど
その日は結構強い雨に降られてフライの縫目から水がポタポタ落ちて来ました。
ガレージメーカーでもないExped社のテントが雨漏り〜?


exped_a2ep_s_02.jpg
実はそれもそのはずフライの縫い目には
なんのシーム処理も施されておりませんでした〜^^;
この調子やとフライに同じ素材(Ripstop Polyester)を使っている
4シーズンテントのOrionやVenus系も同じ感じやと思う。


seamgrip_s_01.jpg
まずは手持ちのSeam Grip(シームグリップ)で目止めしたんやけど。。。
やっぱりボクが思ってた通りさすがExpedのテント。
生地の”撥水性が良過ぎて”シームグリップを塗っても乾燥後に塗ったところが
ポロポロと剥離していきます。
もちろんシームテープなんかも貼れません。
それやったら最初っからSilNet(シルネット)ぐらいつけてほしかったな〜^^;

でも最近の3シーズン用のテントのMiraとGeminiはフライがRipstop-Nylonで
ちゃんとシーム処理がされてて大丈夫みたい、良かった良かった^^。


silnet_s_01.jpg
なのでローカスギアさんから急遽、SilNet(シルネット)を取り寄せました。
シルナイロン製のテントにはこれしかないです。

ボクはこのSeamGripとSilNetの両方をわざわざ置いてはるアウトドアショップは
店員さんがよう分かってらっしゃる人やからまず間違いないと思う。
ボクの個人的なええお店のひとつの目安かな。
で、折角やからついでにローカスさんで気になってたマットも買ってみました。


hypnos_mat_s_01.jpg
LOCUS GEAR/ Hypnos Mat (ローカスギア/ヒプノス・マット)

素材:クロスリンクド・ポリエチレン(XLPE)・フォーム
重量:180cm = 約396g/130cm =約286g/100cm =約220g

LOCUS GEAR
http://locusgear.com/products/accessories/hypnos-mat

実物を手に取って寝てみた率直な感想。
うん、”絶妙な柔らかさと硬さ”で凄く寝心地いいマットです。
断熱性もかなりあると見た。

hypnos_ mat_s_02
結構、表面も適度に硬くて耐久性もあるんやね〜、
軽いだけの柔なマットとちゃうわ。

hypnos_ mat_s_03
ローカスさんに直接お聞きしたら
ご本人も試しながらいろいろな物を吟味して、やっと発売に至ったようです^^
ボクもお薦めです〜♪

うわ〜、これSWAGに入れるマットにしたい。
使うのたのしみや〜。

追記:そうそう、肝心なことを忘れてました^^;
SeamGripとSilNetの塗り方やねんですけど、付属のハケで塗ったり、
シンナーで薄めて塗ったり、注射器で縫目に注入したりと
色んな方法があるんやけど、これでやると時間も掛かるし結構大変です。

ボクの場合は直接チューブから指に少量付けて
縫目に塗り薬を塗る感じで塗っていきます。
これやと厚く塗り過ぎず見た目も以外とムラなく綺麗に仕上がるのでお薦めです。

SeamGripはトロっとした感じで乾燥にかなり時間が掛かります。
SilNetはドロっとした感じで1時間くらいで乾燥していきます。


追記2:こちらで、スイスのExped本社に問い合わせた記事を上げました。
  "Exped Andromeda II Extreme Plus その後、" 


ほなほな〜!

« Exped Andromeda II Extreme Plus その後、|Top|The Exhibition of Digital Archive 博物図譜とデジタルアーカイブ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

SUZUKI SATORU        スズキサトル

Author:SUZUKI SATORU        スズキサトル
かれこれ20年以上イラストレーターをしております。日本ではまだ馴染みの少ないブッシュクラフトワークを中心としたキャンプスタイルを絵本やイラストとともに提案しております。

『イタリア・ボローニャ
国際絵本原画展』
ノンフィクション部門
2011・2012・2013年度入選

日本理科美術協会会員

お仕事のご依頼、ご意見・ご質問等ございましたらお気軽にどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文: