絵描きゴトキャンプゴト。

スズキサトルのイラストやアウトドア活動を紹介していくブログ。

The TimberWolf Bushcraft Knife Review

皆さんまいどです〜。

今回は以前紹介した”The TimberWolf Bushcraft Knife”のその後の使用した感想です。


The TimberWolf Bushcraft Knife(ティンバーウルフ ブッシュクラフトナイフ)

01 High Carbon 4mm thick Sheffield Steel - razor sharp and easy to maintain - Thicker than many other knives. (Carbon .85% / 1.05%, Manganese 1.00% /1.40%, Tungsten .40% /.60%, Chromium .40% /.60%, Vanadium .15% /.30%)

A 4mm thick and 110mm long Scandi Ground blade etched with the makers mark and the Wolf Paw logo. 230mm overall.
The BushCraft Store

とまあ、カーボンがタングステンがどうのこうのとかいう細かいことは
どうでもええです、ぼくナイフマニアじゃないんで。。。^^;
一通り使った感想としてブッシュクラフトナイフとしてとても優秀なナイフです。
特にキモと言っていいくらいのバトニングの入り込み方が素晴らしい。

tw_n_04.jpg
こんな長い薪もこの位置から叩き付けるだけで、、、

tw_n_05.jpg
一気にこのくらいスパーンと入り込みます。

試しに撮影スタッフのスタイリストさんにも同じように
このナイフでバトニングしてもらったら初めてとは思えないくらいに
薪を細切りにしてしまうほど^^。
これにグレンスフォシュ・ブルークスのワイルドライフかアウトドアアックス
あれば、キャンプでの薪は殆ど捌けるわ〜。

tw_n_01.jpg
バトニングのハードな仕事の後も刃こぼれ無しで
細かい作業をなんなくこなしていきます。

tw_n_02.jpg
あとブレードの背は鋭角なのでファイヤースチールととても相性がいいです。
おかげで物凄い量の火花を散らせます。

tw_n_03.jpg
火種はLight My Fire TinderSticksと白樺の皮で。
この最強コンビなら誰でも間違いなく火が着きます^^。
慣れるとこれで火を熾したほうが早いです。

lm_ts_01.jpg
Light My Fire TinderSticks(ライトマイファイヤー・ティンダースティック)
『Pikari OUTDOOR-SHOP』

いわゆるマヤスティックっていうやつです。
ボクも重宝してよう使ってます〜お薦めです。

ほなほな〜!

« HILLEBERG Tarp UL20 Review |Top|MSR Fast Stash Tent »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

SUZUKI SATORU        スズキサトル

Author:SUZUKI SATORU        スズキサトル
かれこれ20年以上イラストレーターをしております。日本ではまだ馴染みの少ないブッシュクラフトワークを中心としたキャンプスタイルを絵本やイラストとともに提案しております。

『イタリア・ボローニャ
国際絵本原画展』
ノンフィクション部門
2011・2012・2013年度入選

日本理科美術協会会員

お仕事のご依頼、ご意見・ご質問等ございましたらお気軽にどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文: