絵描きゴトキャンプゴト。

スズキサトルのイラストやアウトドア活動を紹介していくブログ。

Swiss Army Snow Shovel 1939

皆さんまいどです^^

今日は比較的、雪が少ない松本でも積もりました。


yukiyama_01.jpg
なので絵本資料のため撮影ついでに近所の山へ散策へ。

yukiyama_02.jpg
こうやって雪の中をただ歩くだけでも心地よい。
しかも雪の抵抗があるおかげでかなりの運動にもなる。
”歩けば歩くほど人は若返る”三浦さんの言う通りやわー^^


で、今回もそんな中で使用してみてコレはいいと思ったギアを紹介します。
いわゆる携帯スノーシャベルですが、とてもブッシュクラフト的なシャベルです。

sa_snow_spade_shovel_01.jpg
Swiss Army Snow Shovel 1939 (スイス アーミー スノーシャベル 1939)
Materials : aluminum / wood
Total length : 60cm ~
Weight : 550g
made in Swiss


久しぶりに見た目から機能までハマりました。
これはイイ!もう1個予備で欲しいぐらい。
しかし、スイスのプロダクトは75年前でもええものを作るな〜。

sa_snow-_spade_shovel_02.jpg
まず、一番のポイントとしてはこの柄の部分。
よくある折畳み式や伸縮性のシャベルとは違って、
写真のリングをスライドさせて柄の部分とシャベルを脱着できる
とてもシンプルで逸脱な構造。

sa_snow_spade_shovel_03s.jpg
サイズも携帯に便利な絶妙な大きさ。
スノーシャベルやけど普通のスコップとしての機能も兼ね揃えているデザイン。
実際に地面に対しても掘りやすい。

sa_snow-_spade_shovel_04.jpg
あと、このシャベルがとてもブッシュクラフト的だと思ったのは
この独特な柄を挟み込む構造のお陰で、付属の柄を持って行かなくても
写真のように現地で適当な枝を調達すれば事足るから。
ほんとによく考えられてる素晴らしい。

日本でもまだ探せばミリタリーショップ等で置いてると思うけど
数に限りがあるのですぐに完売しそうな予感。
ボクが購入したお店はこちらのSEA BEESさん。

ただ、選ぶ注意点としてシャベルの結合部に若干の違いがあります。
”スポット溶接のみ”と写真のような”+リベット補強”タイプの2種類があります。
コレクションとして所有するならスポット溶接のみのタイプでもいいのですが
ボクみたいに実用の場合は間違いなくリベットタイプのほうを選びましょう。
いくら軍用で頑丈とはいえ流石に製造は1939年の大戦時やからね!^^



yukiyama_03.jpg
今日も美ヶ原は綺麗やわ^^
あの上でスノートレッキングしたら気持ちがええやろうな〜。

ほなほな〜!

新年明けましておめでとうございます!^^

皆さんまいどです!

遅れましたが今年も何卒宜しくお願いいたします^^
長野の山々も雪が舞うようになってきました。

ariakeyama_02.jpg
信濃富士でも有名な有明山
ボクはこの綺麗な台形のシルエットがとても好きです。
東山魁夷の絵の中に出てくるような山やね^^
標高2000m弱くらいかな。


只、見ての通りこのタイプの山が一番遭難しやすい。
数分見てるだけでも山頂部の雲の流れがここだけ速い速い!
この後あっと言う間に頂上付近はガスに包まれました。
表道からのルートはベテランの登山者さんでも気を抜いたら危ないと思う。
修験道の霊山は他の山とは何かが違うオーラが出てる。。。
山の難易度は高さやないね。

で、こうゆう美しい山の景色を見ていると飲みたくなるのが入れたてのコーヒー。

coffee_01.jpg
Grower’s Cup (グロワーズカップ)
http://www.growerscup.com/jp

いつもお世話になっているスタイリストさんからのお薦め^^
何気に『Outdoor INDUSTRY AWARD 2012』で賞を捕ってるやん。
1パック200〜300円ぐらい。

coffee_02.jpg
500mlのお湯を上部のジップロックを開けて注ぐだけ。
ドリップよりもフレンチプレスに近い味で美味しいがな〜♪
コーヒーcup3杯分くらいやけど、ボクには2杯くらいの量かな。
注ぐ時は縦より横のほうが注ぎ易かった。
日帰り登山の山頂とかで飲むには丁度ええんとちゃうかな。

hotaka_01.jpg
やっぱりこうゆう景色を見ながらの一杯のコーヒーは美味しいわ^^
今年も頑張ろう♪

ほなほな!

Top

HOME

SUZUKI SATORU        スズキサトル

Author:SUZUKI SATORU        スズキサトル
かれこれ20年以上イラストレーターをしております。日本ではまだ馴染みの少ないブッシュクラフトワークを中心としたキャンプスタイルを絵本やイラストとともに提案しております。

『イタリア・ボローニャ
国際絵本原画展』
ノンフィクション部門
2011・2012・2013年度入選

日本理科美術協会会員

お仕事のご依頼、ご意見・ご質問等ございましたらお気軽にどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文: