絵描きゴトキャンプゴト。

スズキサトルのイラストやアウトドア活動を紹介していくブログ。

DIY Silnylon Tarp 10′×10′ Review

皆さんまいどです^^

先日ブッシュクラフトワークの動画撮影のため2泊3日で野営した際
前回の自作タープ10'×10'(3m×3m)の試し張りをしてきました。


baroo_tarp_s01.jpg
実際に使って見た感想としてはかなり凡庸性がありとても使い易いです。
ベーシックなタープとして使うのなら3〜4人のグループに、
シェルターとして使用するならソロかデュオに丁度いい感じです。
海外のブッシュクラフターさんが好んで使ってるのがよう分かります^^

今回は代表的なシェルター『Diamond Fly』『Adirondack Wind Shed』『Pyramid tarp shelter』の3パターンを選んでみました。
これら全て同じ正方形のタープで張る事が可能です。
(ただ同じ正方形でもループの数や位置、曲面でカットしているような
タープでは難しいかもです)




Diamond Fly
baroo_tarp_s04.jpg
この開放感、とてもブッシュクラフト的なシェルターで設営も簡単シンプル。
baroo_tarp_s03.jpg
高さも奥行きもこれだけあるのでギアの置き場所も困らない。
baroo_tarp_s09.jpg
最初タープの下で焚火をするなら火に強い生地のほうがええかとも思ったけど
よく考えたら火の粉が壮大に舞うような大きな焚火はボクはほとんどしないので
軽量なシルナイロンで良かったのかもしれない^^


Adirondack Wind Shed
baroo_tarp_s05.jpg
このシェルター、SwagなどのBivy系と合わせると最高やと思う。
baroo_tarp_s10.jpg
三角屋根の下で焚火をしながら雨の日こそ使いたいシェルター。
baroo_tarp_ss06.jpg
Whelen Lean-To Shelterと体系がとても似ている。
この形めっちゃボクの好みです^^



Pyramid tarp shelter
baroo_tarp_s07.jpg
入り口もフルクローズ出来るので秋冬にはとてもええシェルター。
サイズ的にもソロ+ギアに丁度ええ大きさ。
baroo_tarp_s08.jpg
うん、これ間違いなくKifaruParaTarpのように小型薪ストーブ入るね。
baroo_tarp_s11.jpg
このタープ中央にループがひとつある事によって移住空間がかなり上がります。

と、言うような感じに他にもアイデア次第で様々な張り方が可能な正方形のタープ
お薦めです♪
が、またもや国内では売ってない。。。^^;





実は今回、撮影するにあたりボクの美術大学からの友人でもある映像制作会社薫風
中山氏にブッシュクラフトワークの撮影をお願いしました。
プロ用カメラの性能に吃驚です。。。

baroo_takibipan_s01.jpg
今回の内容はあまり敷居を高くしたくなかったので、よくあるサバイバル的な
ハウツーものではなく、ブッシュクラクフトワークを見て分かりやすく伝えるための
プロモーション的な映像になる予定です^^

baroo_tengdake_01.jpg
野営地に生えてたテングダケ。
ヨゼフ・ラダ(josef lada)の絵本によく登場するキノコはこれやね^^

ほなほな!

Tarp 10′×10′

皆さんまいどです!

いや〜、世の中にはデザイン性の優れたタープはたくさんあるのですが
ボクが思ってる普通のタープがほとんど無い^^;

10x10_tarp_01_s2.jpg
Tarp 10′×10′ (17tabs)

そう、ボクが欲しいのは3m×3mの正方形のタープ。
タブの位置が写真のように計17ヵ所、サイドと中央部にあるのがポイントです。
出来ればタブは現場での修理の事も考えて叩き付けがええです。

あと、何故正方形がええかと言うと
オーソドックスなA-Frame FlyWind Shedはもちろんのこと、
同じ正方形のタープとは思えないほど
数多くのバリエーションの張り方が出来るからです。

例えばボクが好きな張り方では。。。

10x10_tarp_02.jpg
Diamond Fly
とてもブッシュクラフト的なシェルター。
高さも2mくらいになるので全面に開放感があります。
本来は、アーミーダックのような防水キャンバス生地を
使用したものが王道みたい。

10x10_tarp_03.jpg
Adirondack Wind Shed
もしかして、ボクが一番好きな張り方もしれない。
三角部分の屋根の下で小さな焚火をすると丁度ええ感じ。
雨の日の焚火に最適なシェルター。

10x10_tarp_04.jpg
Pyramid tarp shelter
高さ約5フィートの五角形のソロ用ティピー型テントになります。
ボクはこれに小型のチタニウム製の薪ストーブを入れたい。
ある方法を使えば煙突ポートは必要ないうえ換気も問題ないです。

と、言うようなボクの理想に一番近いタープを唯一扱っているところが
ハンモックシェルターで有名なDD Hammocksのタープ。
シンプルな正方形、タブの位置もバッチリ!
色も濃いグリーンで野営的にはとても◎やねんけど、
直接イギリスから日本には送ってくれなそう。。。^^;







なので自分で作りました!
ミシンカタカタ・・・





10x10_tarp_05.jpg
DIY Silnylon Tarp 10′×10′ Ripstop Nylon

製作期間一日、3×3のシンプルな正方形なので比較的簡単^^
素材の30D Ripstop Nylonは家庭用ミシンで楽々縫えます。
タープ、収納袋、ガイライン・自在×8、全て込みで丁度600g。
袋は大きめに作ってあるんでコンプレッションすれば
半分くらいのサイズになります。

素材は、OMM(アウトドア・マテリアル・マート)さんから購入しました。
タープに必要な材料は全て揃います。

10x10_tarp_06.jpg
あと、ガイラインはExpedCord StuffsackTension Lock Miniを採用。
コードはReflective Dyneema cord 2mm。
軽くて細いくせに適度なコシがあって個人的には
パラコードより好きです。
Tension Lock Miniは実際に使ってみるとその素晴らしさがよく分かる自在。
ただ、地味過ぎてどこのアウトドア雑誌等でも取り上げない。。。ボクみたいや^^;


10x10_tarp_07.jpg
今回はナイロンで作ってみたけど
いつか、ドラゴン防水帆布でソロ用キャンバスタープも作ってみたい。
でも分厚いから工業用ミシンがないとちょっと無理やね。

次回、野営してくるので試し張りをしてきたいと思います。
出来ればそのとき雨降るとええな〜^^




なので撮影用にカメラを新しいのに買い替えました。そしたら吃驚!
写真がド下手なボクでも三脚なしでサラッとこんだけ撮れる。。。
恐ろしい技術の進歩!

stove_s.jpg

kaeru_s.jpg

matsumoto_03s.jpg

matsumoto_02s.jpg
今回初めてNikonのカメラ使ったけど凄いわ〜^^;


長野も日中はめちゃ暑いです〜、夜は涼しいけど。
ほなほな!


追記:先程、woodo carving spoonの件で貴重な情報をメールで頂いたのですが
こちらのほうから何度かメールをしても返ってきてしまうので、^^;
大変申し訳ないのですが、こちらのほうでお礼を言わさせて頂きます。
ありがとうございました^^

Top

HOME

SUZUKI SATORU        スズキサトル

Author:SUZUKI SATORU        スズキサトル
かれこれ20年以上イラストレーターをしております。日本ではまだ馴染みの少ないブッシュクラフトワークを中心としたキャンプスタイルを絵本やイラストとともに提案しております。

『イタリア・ボローニャ
国際絵本原画展』
ノンフィクション部門
2011・2012・2013年度入選

日本理科美術協会会員

お仕事のご依頼、ご意見・ご質問等ございましたらお気軽にどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文: