絵描きゴトキャンプゴト。

スズキサトルのイラストやアウトドア活動を紹介していくブログ。

BE-PAL3月号

寝るとき、湯たんぽが手放せないアシがお送りしまーす。

お仕事のお知らせ

BE-PAL 3月号 小学館
パルパーク・プロジェクト 「第26回 イメージさらにふくらむ!!」

20180212bepal01.jpg

今回は某所へスズキ自ら、プロトタイプを体験しに行き、
子供達が思いっきり遊べるイメージをさらに膨らませ、絵を描きました!

20180212bepal02.jpg

自然の中で手を動かす事が子どもの成長にとって、とても大事な要素であるというスズキの思いがつまってます。

ご興味ある方は是非!

ワンダーフォーゲル2018年2月号 Q&Aでわかる山登り 新基本200

正月、餅食べすぎてお腹が餅のアシが久々にお送りしまーす。

お仕事のお知らせ

山と渓谷社 ワンダーフォーゲル2018年2月号
発売日 2018.01.10発売
販売価格 本体926円+税

特集 Q&Aでわかる山登り 新基本200
「行動&遭難対策」セルフレスキューのイラスト数点

20180110wanderf.jpg

もしもの時にセルフレスキュー技術を知っておくのは大事。
血を見るだけで倒れるアシはどーすんだー!
どのように行動するかわかりやすく載っています。
今年、初めて登山する人もベテランさんも装備・準備・行動&遭難対策の新基本が丸わかりの一冊になっている感じ。ご興味のある方は是非!

アシのお気に入りページは
「Northern Life 森に住むいのち」の写真家:太田達也さんのエゾタヌキの写真♪
ふっくらもこもこ、かわいいな。癒やされる。あっこの連載、最終回なんだ。さびしい。

サバイバル読本&新作ブッシュクラフトナイフの進行状況

皆さん新年明けましておめでとうございます^^
ボクは年末年始はイラストの仕事で終わりました~。
。。。まだ終わってないけど^^;

お仕事のお知らせです。
サバイバルで同じみの「フィールダー」誌からの保存版ムック本が発売。
ボクは以前描かせて頂いた「熊対策」のイラストが載っております。

Fielder「サバイバル読本」
出版社:笠倉出版社
定価:1500円+税

ご興味ある方は是非々~!

サバイバル読本


で、↓この本も熊ついでに紹介。

熊百訓
出版:観光図書さんおん文学会
著者:阿部 泰三
定価:500円

くまひゃっくん
初版が昭和38年なので当時の北海道民の開拓者の目線で書いているので
現代の熊と人間との共存のような自然保護的な感覚では読んではいけない。
自然界の生き物の関係はとてもシンプルで相手が自分より強いか弱いかである。
大変参考になるのでオススメだが現在も売っているのだろうか。。。

実はボクも実際に去年の10月に北アの某登山道で若熊に
延々と追われた(ストーキング)経験があり
後に、この本を改めて読んだらその時のボクの熊への対処に対する熊の反応が
書いてあることと全く同じで大変興味深い。まさに実体験に勝る物はないと思う。

頭をやられたら頭皮を剥がされて一貫の終わりなので熊がよく出る山では
ヘルメットは常に被っていたほうがいいだろう。
と、言うようなことは既存の熊対策にはあまり載っていない。。。
熊に関してはスズメバチ同様他にもたくさんあるので
この辺りはボクの本のなかで書こうと思う。


<新作ブッシュクラフトナイフの進行状況>

先日、ナイフ作家のキクさんから現在ボクが監修・デザインしている
例のブッシュクラフトナイフ「野槌(ノヅチ)」の試作が早々に出来たよ!
との連絡。しかも渡すためもう松本まで来ちゃったよ!
と言うことで年末ボクの手元に無事に届きました。
キクさんのフットワークと仕事の速さにはいつも吃驚
。。。ボクも見習わないと^^;

nozuchi_01.jpg
スズキサトルデザイン・松田菊男 作
ブッシュクラフトナイフ[野槌(Nozuchi)]
(試作)

鋼材:SPG2(積層鋼)
刃長:110mm
刃厚:4mm
ハンドル材:G10
シース:カイデックス


まず、実物を見ての感想ですがあまりの完成度の高さに二度ビックリ^^;
ボクが両刃のブッシュクラフトナイフに今まで盛り込みたかったところを
全て注ぎ込んだので実用共に最強クラスになること間違いないと思う。

nozuchi_03.jpg
早速野外での過酷なテストをしてきました。
ちなみに2本あるのは右:スカンジ(直刃)と左:コンベックス(蛤刃)の
両タイプを比較するため2タイプ作って貰いました。
フェザースティックはどちらもキレキレで
何の抵抗もなく何本でも作れて困ってしまう。。。

nozuchi_02.jpg
今回、スカンジとコンベックスの両タイプを試した結果、販売するなら
やはり王道のスカンジブレードにしようと思う。
ここまで来るとどちらも甲乙付け難いくらい切れ味大変 素晴らしく凄く迷いましたが
ほんの僅かですがクラフトはやはりスカンジのほうに分があります。

nozuchi_04.jpg
あと、ブッシュクラフトナイフにとって特徴的なタングエンドの部分。
ブレードのタングがハンドルから少し出ているのはここを
ノミのように叩いてホゾを作ったりするため。

またボクの今までの経験からナイフでは一般的な
ソングホール(飾り紐を通す穴)はタングを叩く際に邪魔なうえ
強度的にもメンテナンス的にもブッシュクラフトナイフには必要無い要素。
ただ、例外としてフォールディングナイフや小型のナイフには
紛失や落下防止等の為あったほうがいいかもしれない。

今後のブッシュクラフトナイフのスタンダードな目安となっていくと思う。
これからブッシュクラフトナイフを選ぶ人は
この辺りも参考にするといいかも知れない^^

nozuchi_05.jpg
と、いうことで惜しげも無く過度なバトニングを試していきます。。。^^;

nozuchi_06.jpg
こんな感じにパックリと。
ただ、一般のナイフでこれと同じようなバトニングをするのはお勧めしません。
下手をするとタングが折れる可能性があります。
必ず本物のブッシュクラフトナイフか専用の刃物で行いましょう。

nozuchi_07.jpg
今回試作のブレード鋼材はSPG2(積層)ですが
やはり通常のナイフよりも相当ハードな使い方も想定しているので
キクさんと相談した結果、製品版ではより硬度の高いOU-31に
変更することにしました。
合わせてベベルラインも変更予定。

nozuchi_08.jpg
SPG2は超高級刃物に使われるような鋼材なんだけど
ハンティングナイフのような鹿や猪のような肉を捌いたり
または包丁などの「切る」領域の使い方ならいいと思う。

ブッシュクラフトナイフのような硬い原木の丸木などを真っ二つに「割る」ような
ナイフには少々デリケートな鋼材かも知れない。
ただ、とても錆びにくく研ぎやすくケアしやすい鋼材なのは間違いない。
ボクはとても好きな鋼材である。

また進展がありましたらお知らせしたいと思います。
このナイフにご質問等がある方は左のメールフォームから
ご連絡頂けると嬉しいです^^

ではでは!

フィールダーVol.35&たき火タープ

お仕事のお知らせです。

今月発売号のフィールダーVol.35の特集「自然界の毒ペディア」にて
植物の毒編のイラストを3点描かせて頂きました。
監修は薬学博士の船山信次先生です。

フィールダーVol.35「野生美食倶楽部」
出版社:笠倉出版
定価:750+税


フィールダーvol35_01s
今回、記事の食材にもなったヌートリアはロードキル(交通事故)の個体のようです。

※少し注意ですがロードキルの動物は往々にして病気やマダニなどの寄生虫を
媒介している場合があるので個体の状態を判断出来ない人は興味本位に
触ったり持ち帰ったりしないほうがいいと思います。

フィールダーvol35_02s
一般的にサイエンスイラストはCGで描いた感じのタッチが多いので
ボクは手描きの感触をいつもそれとなく意識しております。

ご興味ある方は是非々~!


あと、ブッシュクラフト株式会社さんから、出来たてホヤホヤの
「たき火タープ」が届きましたのでちょこっと紹介したいと思います。
監修はボクと大泉さん相馬さんが関わっております。
開発はトータルで約1年半くらい掛かりました。

焚火タープ_01s
たき火タープ
素材:Bush Craft Inc.製コットンキャンバス100%
サイズ:3m×3m
重量:3.7kg
ループ:21点
リング:13点


コットンキャンバス製の3m×3mの王道のブッシュクラフトタープです。
この手のタープは通常ループの数が17個ですが+4個増えて
より多様な張り方が可能です。
生地は防水加工では無いですが特殊な織り目による強力な撥水力があるので
その効果は永続的に続きます。

以前ボクのブログでもループの位置を踏まえた正方形のタープの基本を
紹介したけどあの頃はどこのメーカーさんもこのタイプのタープは
発売されていなかったな~。
まず既存のタープはシェルターを張ることを考えるとループの数と位置が全然ダメでした^^;
それはキャンプでの雨や日除けのオーニング的な使用としてしか
考えていなかったからだと思う。


焚火タープ_02s
箱のイラストはボクが担当させて頂きました。
ちなみに左上の「タープ・ティピー」はたきびタープ用にボクが考案した張り方です^^
正方形のタープなら誰でも簡単に張れるので皆さんもお試しあれ。

焚火タープ_03s
今回の監修でボクが特に指摘させて頂いたのがこのループの仕様です。
生地に直接、力の掛かる箇所は全て面で受け流すループとリングにしました。

生地に直接グロメット(ハトメ)のタープは点の部分で全ての力を受けてしまうので
どんなに頑丈な素材で作っても点の箇所に一定の力がかかれば簡単に破損します。
なのでボクの評価ではグロメットのあるタープは全て落第点です。

タープだけではなく、テント、バックパック等含め信頼を必要とする道具では
この「点」の要素があるものは全て避けたほうが無難です。

焚火タープ_04s
また、細かいところではロゴをあまり目立せないようにとご指摘させて頂きました。
メーカーさんに「ロゴを目立たせるな!」と言うのはとても言いづらい事です^^;
ただ、購入した方に末永く使って頂くなら目立つモノより飽きのこない
自然なデザインのほうがボクはいいと思いました。

あと、ブッシュクラフトやキャンプのみならず、クラフトフェアのような
野外イベント等のお店とかにもこのキャンバスタープは実用的にもいいと思う。

こちらのほうもご興味あるかたは是非~!
ではでは!

こども かんきょう絵じてん

お仕事のお知らせです。

三省堂書店さんから8月発売の『こども かんきょう絵じてん』の中の
見開きイラスト3点を描かせて頂きました。
幼児から小学校低学年まで絵で見て楽しく環境を学べる絵事典です。
今回、お仕事の絵では珍しく全て手描きの不透明水彩原画です。

『こども かんきょう絵じてん』
出版社:三省堂書店
監修:木俣美樹男

三省堂書店こどもかんきょう絵じてん_01
通常版と小型版の2種類あります^^

通常版:定価(2,400円+税)
小型版:定価(1,900円+税)

三省堂書店こどもかんきょう絵じてん_02
ボクは「たはたや ののしぜん」の里山の風景の春と夏と秋・冬の動植物を
描いております。
こういった絵を描いているといつも思うのだけど、
長野に住んでいて本当に良かったとつくづく思う今日この頃。。。^^;

ご興味ある方は是非々〜♪

Top|Next »

HOME

SUZUKI SATORU        スズキサトル

Author:SUZUKI SATORU        スズキサトル
かれこれ20年以上イラストレーターをしております。日本ではまだ馴染みの少ないブッシュクラフトワークを中心としたキャンプスタイルを絵本やイラストとともに提案しております。

『イタリア・ボローニャ
国際絵本原画展』
ノンフィクション部門
2011・2012・2013年度入選

日本理科美術協会会員

お仕事のご依頼、ご意見・ご質問等ございましたらお気軽にどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文: