絵描きゴトキャンプゴト。

スズキサトルのイラストやアウトドア活動を紹介していくブログ。

常念岳〜蝶ヶ岳〜日帰り登山(※注)

皆さんまいどです^^

先日、開発中のトレッキングポールの耐久性テストと
足の具合を兼ねて常念岳と蝶ヶ岳を日帰りで行ってきました。

ボクが山行のトレーニングのためによく利用する
この三股〜常念岳〜蝶ヶ岳〜三股の周回ルートは
地元の健脚の皆さんも良く登っておられるコースで
地図で上から見ると丁度三角形になります。


(※注)このルートを日帰りする場合、それ相応の体力と気力が必要です。
天候や個人差にもよりますが、時間内に下山出来ない場合があるので
もし挑戦するならツェルト等のテン泊か小屋泊が出来るくらいの装備は
持って行ったほうが賢明です。
また前常念岳と常念岳山頂から蝶ヶ岳方面へ降りる急登の岩場は安全のため
ヘルメットを着用したほうが無難だと思います。
もちろん三股の出発は早朝の3:00〜くらいがいいです。
荷物の重さも10k前後にしておかないと後半響きます。


常念岳01s
常念岳の山頂で飲むコーラが一番美味しい。。。^^

始めにこのルートは大変エネルギーを消耗しやすいです。
日帰りの場合、携帯食は普段の2〜3倍は持って行って下さい。
それ程お腹空いてなくてもその都度口に入れる感じで丁度いいです。
この辺りはハンガーノックを起こしやすいです。

常念岳02s
今回のルートの一番の難所と言ったらこの常念岳から蝶ヶ岳までの
稜線かも知れない。途中いくつものピークがあってそのひとつひとつが
普通の低山くらいの高低差があります。

なので三股から前常念岳ルートを上がって常念岳まで登り切った後
この稜線をその日の午後14:00頃までに余裕をもってを超えられるかどうかで
日帰り登山が可能か決まると言っても過言ではないと思う。
一般的には常念小屋から蝶ヶ岳ヒュッテまでが1日の無理の無いルート。
その逆も同じくらい。

また、このルートは写真のように浮き石も大変多く高低差もあり道も狭いので
トレランのような走れる箇所はあまり無いと思ったほうがいいです。
この時期は蝶槍辺りまで蜂のような大きさのブユ王国なので^^;
特に女性はお顔を噛まれると大変なので何らかの虫対策はしといたほうがいいです。
ボクの場合は山へ入る前にパイプを燻らすので耳の先っぽ以外は殆ど被害なし。

蝶ヶ岳稜線01s
稜線の途中で美しいお花さんに遭遇、ひと時の安らぎ^^;
この日は大変な猛暑だったので水を3L担いで上がりましたが途中足りなくなって
蝶ヶ岳ヒュッテで水を1L補給。
夏は日帰りの場合、最低でもトータル4L以上は必要です。

キアゲハs
ちょっと驚いたのは標高2600メールぐらにいたキアゲハさん。
一般的なキアゲハにしてはとても小さくギフチョウくらいの大きさ。
長距離アスリートのアサギマダラさんもこのくらいまでよく飛んでくるけど
キアゲハでここまで来るって相当な規格外というか何というか、、、
健脚ならぬ健羽じゃない?
どうやらニッコウキスゲがお好きらしい^^

奥穂s
このコースで日帰りだと写真を撮ったり、ゆっくり出来ないので
人にはあまりオススメ出来ないです^^;

自分の山行での基本的な体力とメンタルを上げたい人向きかな。。。
まだ日が明るいうちに三股まで下山で来たらあなたは相当なる健脚です^^
ちなみにこのルートを日帰りでこなすと1日で体重が2〜3キロ程痩せます。

普通にテン泊、小屋泊の縦走なら最高のルートです。
次回は来年の展覧会に向けて山の絵を描きに来よう。

ご興味ある方は是非々〜♪と、いつものようには言い難い^^;

松本まつり

皆さんまいどです!

先日の松本まつりにお越し頂いた全ての皆さんにありがとうございました^^
折角来て頂いたのにタイミング悪くお会い出来なかった皆さんごめんなさい^^;

松本祭り01_s
当日のピッキオワークスの看板がないので黒板にちゃちゃっと絵を描く。
下絵なんかいらないぜ!^^

松本祭り02_s
いつも製品を製作して頂いている柳澤木工所さんの隣りにセッティング。
確かな伝統工芸の技術で今年も去年に引き続き2016年ウッドデザイン賞を
3作品入選されました。凄いぜ!

松本祭り03_s
あと当日は大変嬉しいことにわざわざ三重県からお越し頂いた
お洒落なカップルさんにツリースポークをペアで買って頂きました^^

松本祭り04_s
LXチェアマキステーブルも展示。

松本祭り05_s
ボクがいつもお世話になっている柳沢林業さんもイベントに出ていたので
お邪魔して見ました。
丁度カラマツの建材を使用した住宅の説明をされていました。

松本祭り06_s
これは大変分かり易い!
ボクもマネしよう^^

松本祭り07_s
柳沢林業さんは社員に若い人が多いので発想も新しい。
例えばこのスウェディッシュトーチ(スウェーデントーチ)とカラマツの
スノーボード。特にボードは美しい木目が浮き出て非常にかっこいい。
カラマツは水に強く強度も粘りもあるのでこうした物には非常に向いていると思う。
altai skis(アルタイスキー)のような国産カラマツの山スキーも作りたいな。

松本祭り08_s
杉の丸太をチェーンソーで輪切りするプロのパフォーマンス!
こんなのを目の前で見たら「林業やりたい!」と言う若者が
これからどんどん増えるかも知れない。
ボクはどんな職業でも若い人が「かっこいい」って素直に思える事は
その産業が続けて行く要素として非常に大事なことやと思う。

松本祭り09_s
子供に大人気の「木の輪切りの道」
東京の歩行者天国でもこんなイベントをやったらいいのに^^

ではでは!

日高英夫さん

皆さんまいどです!

昨日、あがたの森で開催されておりますクラフトピクニック
木工家の日高英夫(ひだかひでお)さんの追悼展示に行ってきました。
ボクの敬愛する木工作家さんのひとりです。

日高さんは木工に携わる方なら知らない人はいないくらい著名な木工作家さんで
去年のクラフトピクニックで一度だけ短い間でしたがお話をさせて頂きました。
木工の話と言うよりもメスナーのテントや昔の山道具の話で盛り上がり
大変楽しかった思い出があります。

日高さんはアーミッシュやシェーカーの様式美や彼らの生き方に大変精通されていて
ボクのブッシュクラフトワーク(野外の生活術)と少し共通している部分も多く
「最新の物が最善とは限らない」という言葉に大変共感して頂きました。

2016-10-15クラフトピクニック01
写真のスプーンを作るシンプルで美しい道具類も全て手作り。

2016-10-15クラフトピクニック02-s
日高さん作品の「オーバルボックス」
その接着剤を使わないシンプルな作りや形は日本の曲げわっぱととても似ていて
良い物とは国や文化を問わず共通する点が大変多いと思う。

2016-10-15クラフトピクニック03
整理整頓が行き届いている工房の写真も展示されています。
これは日頃から道具類が散らかるボクも見習わないと。。。^^;

2016-10-15クラフトピクニック04
また奥様の作られるリネンの生地も大変素晴らしい物で
草(亜麻)から作るその行程は気が遠くなるほど。
材料から全て手作り。

2016-10-12常念岳-s
お話によるとお身体が元気な頃は山を縦走するほど登山が好きだったようで
ボクのテントの前でフィルムカメラを持ってちょこんと座っている日高さんが
大変印象的でした。
来年もまたお会いできるような気がしてならないです。

最近のお仕事。


小学館マネーポスト2012年夏号特集「10万円で始める日本株×10倍狙える外国株」
の扉イラストを描かせて頂きました~。
ウチは全然儲かってません~。

ご興味のある方は見てやって下さいませ!
ではでは!



最近のお仕事。

皆さんまいどです~。


集英社 週刊プレイボーイ(2012.4月2日号)
特集『退職拒否ブラック企業が急増している!!』
の扉と中のイラストを描かせて頂きました。
やっと決まった就職先がこんなんやったらややな~(泣。

umi_s.jpg
先日はアウトドア雑誌のロケで東京湾に行って来ました~。
今回は絵だけじゃなくてボクも登場しまっせ!
また詳しいことは発売時にお知らせします~。

ご興味ある方は見てやって下さいませ!
ほなほな~。

Top|Next »

HOME

SUZUKI SATORU        スズキサトル

Author:SUZUKI SATORU        スズキサトル
かれこれ20年以上イラストレーターをしております。日本ではまだ馴染みの少ないブッシュクラフトワークを中心としたキャンプスタイルを絵本やイラストとともに提案しております。

『イタリア・ボローニャ
国際絵本原画展』
ノンフィクション部門
2011・2012・2013年度入選

日本理科美術協会会員

お仕事のご依頼、ご意見・ご質問等ございましたらお気軽にどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文: